公務員必見! 利点を最大限活かす〇〇の捉え方

公務員
Look at ads here! Portrait of handsome happy man in stylish denim shirt pointing aside, showing blank copy space for idea presentation, commercial text. indoor studio shot isolated on blue background

公務員になったばかりで給与に物足りなさを感じている人、これから公務員になろうとしている人

公務員に大切な〇〇の捉え方を知るだけで、これからの人生大きく変わってきます。

そこで今回は、公務員の利点を最大限活かすための〇〇の捉え方について解説します。

目次

1.公務員が知るべき〇〇の捉え方とは

2.公務員の利点を最大限生かすためには

1.公務員が知るべき〇〇の捉え方とは

結論、公務員が知るべき〇〇の捉え方とは

給与 です。

「給与ならちゃんと理解してるよ~」と思っている人も最後まで見れば捉え方が変わってくるはずです。

closeup, background, copy space

まず給与とは何か、それをおさらいします。

所得税法では第28条において、給与所得とは「俸給、給料、賃金、歳費及び賞与並びにこれらの性質を有する給与に係る所得をいう」と定めており「給料」よりも「給与」のほうが範囲が広い。公務員の勤務の対価も給与という。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%A6%E4%B8%8Eより引用

公務員の勤務の対価を給与と言い、一般に言われる給料と同じ意味合いだといえます。

ではなぜ、この給与の捉え方が大事なのか。それは

公務員はこの給与が大きなアドバンテージを持っているから です。

公務員はその他の被用者と違い、倒産のリスクが100%無いと言っても過言ではないでしょう。

また、給与に加え期末勤勉手当などのボーナスも大きく変化することも少ないと考えられます。

それはつまり

約束された将来の給与がある ということです。

これは、他と比べより確実なものです。

そしてここからが本題です。その給与をどう捉えるべきか。わたくし はむ の意見は

給与の前借 です。

「え、しゃっきんってこと?」と思った方、正解です。

なぜこのような捉え方が重要かというと、公務員の利点を最大限活かし・公務員の弱点をカバーするにはこれしかないからです。

公務員の利点は先ほど説明した通り安定性です。

では逆に弱点は何かというとそれは 成長性 です。今後日本の成長が見込めない中、当然公務員の給与の上昇も厳しいものがあるでしょう。この水準をキープするか、少しづつ減っていくか、これはわかりません。

そこでこの現状を打破する戦略はあるのか。それを考えていきたいと思います。

2.公務員の利点を最大限生かすためには

ここからは、公務員である人が利点を最大限活かすための具体的な方法について考えていきます。

わたくし はむ が1番有効だと考える方法は 不動産投資 です。

これが良いと思う理由は、銀行の融資を得て大きく動けるからです。公務員はほかの人と比べて信用が大きいです。そのため銀行の融資の基準に通りやすい。なおかつ、給与の前借ができる。

「借金は怖い、投資なんて無理だ」そう思っているあなた。

50歳60歳になって大金がそんなに必要でしょうか。

それより若いうちにお金が増える可能性があるならそっちのほうが良くないですか?

万が一失敗したとしても公務員ならびくびくする心配はありません。将来の給与は約束されているから。本業(公務員)でリスクが取れないのだから、不動産投資でリスクをとったところで罰は当たらないと思います。

公務員の弱点を補うという点からも、公務員ではできない経験ができるという点からも非常に有益だと思います。

今回の内容から

  • 給与の捉え方
  • 公務員としての立ち回り方

このあたりの考え方が変わって新たな一歩を踏み出せることを期待。

コメント

タイトルとURLをコピーしました