就活生必見!面接で大切な○○とは

公務員

就活の中で苦手意識を持っている人も多いであろう面接。

近年、公務員試験でも筆記試験よりも面接を重視する傾向になってきています。

そこで今回は、面接の経験+実際に公務員として働いた経験から求められていることを解説します。

目次

1.就活中に感じたこと

  • 簡潔に答える力
  • 質問に対する対応力

2.職務経験上感じたこと

  • 質問力
  • 根拠立てて考える力

3.まとめ

1.就活中に感じたこと

・簡潔に答える力

まず、わたくし はむ が実際に公務員試験を受けた時に感じた面接で求められていると思ったことをお伝えします。

それは、簡潔に答える力です。これは面接対策の本などでよく見かけるポイントなのですが、実際に重要でした。

それを感じたのは、最終面接で面接官に言われた一言でした。面接も終盤に差し掛かったころ、唐突に面接官から放たれた予期せぬ質問に はむ は思わず戸惑い、時間を稼ぐためにだらだらと中身のないことを話していると

「簡潔に」

と、ただそれだけを言われたことを鮮明に覚えています。この経験から、簡潔に答えることは多くの場所で見かける通り求められる力なのだと理解しました。ではなぜこの力が必要なのか、それは2.の部分で触れたいと思います。

・質問に対する対応力

また、質問に対する対応力も求められます。

皆様ご存じの通り、面接では質問に答えられなければ当然合格することはできません。ただ、答えられることがゴールではありません。

県庁や市役所を受ける場合、必ずと言っていいほど聞かれる質問が「あなたのやってみたい仕事は」です。この答えに若者への魅力向上・地域の活性化などを挙げる人が多いでしょう。

面接官からの質問には「具体的にはどんなことか、それをしたらなぜ問題解決につながるのか」などです。これらの質問に完璧に答えられるでしょうか。

最初の面接で はむ はうまく答えられませんでした。理由は明白で、準備不足です。

「若者への魅力向上」のテーマに はむ が出した回答は「商業施設の誘致」でした。ここで必要だったのは視野を広げることでした。

若者=遊ぶ場所 の固定観念があったためこのような回答になったのですが、そうではなく、様々な観点から見ることです。

例えば、就職の観点から魅力的な企業を誘致することで若者の転入を増やし、魅力向上につなげるという視点です。

実際この考え方で面接に臨んだ結果、合格することができました。

これから面接を控えている人はこの点を意識しながら考え直してみてください。質問に対する対応力が身につきます。

2.職務経験上感じたこと

・質問力

この力は非常に重要です。上司や先輩にわからないことを聞くとき、意見を伝えるときなどで必要になります。この力があるひとに仕事ができない人はいないといっても過言でないほどです。

この力が必要な理由は、時間がキーワードです。質問するときや意見を伝えるとき、その間相手の時間を使っています。

質問が下手なせいでだらだらと時間を使っていては、大きな損失です。また、公務員にとって信頼はとても重要なものです。その点でも、伝えたいことを伝えられる質問力は重要です。

実はこの質問力は1.で話した簡潔に答える力につながってきます。質問力があると物事を簡潔に答えることができるのです。

・根拠立てて考える力

先ほど、公務員は信頼が大切と言いましたがそれはなぜでしょうか。

それは、公務員は税金から給与をもらい活動しているがゆえに、「ちゃんと働いているか、地域のために貢献してくれたいるのか」といったように厳しく見られるからです。

そこで重要になってくるのが 納得させられるか です。

逆に言えば、それが完璧な答えでなかったとしても筋が通っており、相手が満足できるものであればいいのです。

面接も同様に、面接官を納得させられる回答ができればいいのです。たとえその答えが不可能なことでも。

なぜそう考えたのか、そのためにはどうしたらいいのか、そこを根拠を持って考えているのかを見られているのです。

3.まとめ

今回は、面接で大切な○○についてというテーマで、就活中・職務経験上の2つの視点から解説していきました。

面接をこれから面接を受けようとしている人は特に 根拠立てて考える力 これを意識して面接に臨んでいただきたいと思います。

また、これから公務員として働く人は 質問力 をこれからの生活の中で意識しておくと周りの同期とは一味違う新人になれるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました